地球の歩き方

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外界反映


さて、久しぶりにブログを書いてみようと思います。

5~6月にかけて、画廊の仕事のほうで、なかなかに忙しい毎日でした。

画家が4組来日し、会場も10会場近くをやりくりするという、

作品準備からアテンド、さらにミロクとしてのことも、

これまでのこの仕事の中でも特に忙しい月でした。


しかも、新しいWEBサイトの準備も同時並行していくという・・・・


この「忙しい」という字なのですが、心を亡くすと書きます。


その心の状態は外界(自分の現実)に反映されます。

普段の歪みが、こういう時に噴出するわけなのですが、そのことで新しい学びがありました。

だから、忘れないうちに、ここで記録しておこうと思ったのです。


自分にとって苦しくなる出来事が現れてくるというのは、

もちろんそこで自分が直さなければいけないことがあるわけなのですが、

直すだけであればいいのですが、

自分で自分を責めすぎている

ということを繰り返していました。

あることがきっかけで、そのことに気が付くことができました。


自分ではそんなことない、と思っていたのに・・・


自分へ起きる困ったことの繰り返しは、自分の引きずる宿題です。

どうやったらクリアできるか。

深い根っこの部分にまで辿りつかなければ、難しいのです。

人はなかなか自分だけでは、そのことに気が付けない。


気づいたからといって、習慣はすぐに変えられるとは限らない。


だから、何度もそれを見せてくれる人、アドバイスをくれる人、

いろんな役割があるわけですが、

先に書いた、

「自分で自分を責める」

この習慣は、想像以上に自分にダメージを与えていますし、

またその現実を引き寄せてしまうようです。


傷口に塩をさらに塗りこむようなもの。

反省すべきはしながらも、第三者のごとく冷静に起きた現象を分析してみると、

それまで見えてこなかったものが見えるようになってきました。


そんな気づきがあった時に、銀行に行くと、

見事に受付カードの番号が「369」。


数字もヒントを与えてくれました。


スポンサーサイト

| 見えない世界 | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅草寺の功徳

昨日、7月10日に、浅草寺のほおずき市に行って参りました。

別名「4万6千日」と言われるこの特別な日は、正月とともに、とても大事なイベントです。
観音様によって、126年分(4万6千日)参拝したことと同じご利益がある、
というありがたい日なので、家族皆、本堂でご祈祷をさせていただきました!

なぜ、神社にお寺にあちこち行くのか?

むやみやたらと行っているわけではありません。浅草寺は特別。
基本は神社なのですが、浅草寺に行くには、いろいろとわけがあるのです。

私たち夫婦は14時半の回に間に合い、無事にお札もいただいて帰りました。

それから・・・なんと不思議なことがいろいろとおこっています(゜o゜)

仕事の話になりますが、ご祈祷前に取引先から、仕事の話が突然舞い込んできたり、
鳳成さんの講座ご参加者が、10日を境にどんどん申し込みが入り始めたこと。

そして、そして極めつけは・・・

帰宅後の17時頃にとたんに眠気がおそってきて、家内に休ませてほしいと言いました。

30分くらい仮眠したのですが、その最中に突然「444」のインスピレーションがきました。
数字を意識してから、ごくたまに、こういうことがあるのですが、444は初めてです。

この3ケタの数字を調べてみましたが、
総合してみると、これからいろんなことが整っていきそうな予感がしています。
嬉しいですね(^u^)


ここで思いだしたのが鳳成さんの言葉。

「皆さん、目の前に神様が来たら、信じるって言うねん。

でも順番逆や~

信じるからいらっしゃるんよ!」


この言葉、よく思い返します。


どちらかというと、信じていない方の部類に入っていた私・・・失礼すぎるくらい(^_^;)
でも、インスピレーションを信じ、素直にいろんなことを実行していくと、確実にその恩恵を授かっています。
今回の数字によるインスピレーションも、確実に勇気をもらえるとともに、示唆も含まれていました。

おかげさまで人生大きく変わりました。

だから、今では多くの人たちに、そのことを知ってほしいと願い、微力ながらお手伝いしています。
御魂を磨き、本来の自分に戻っていくと、多くのサポートがありますよ(^^)/

なんとなく、わかる~、という人も多いかと思います。

でもね・・・むちゃくちゃ奥深い世界でもあるので、御魂を磨いていく過程において、
すぐに信じられなくなることもできるのです。やはり継続して学ぶことが大事。
特に、自分にとって都合の悪いことがおきると、諸々信じなくなることは容易いので注意です。
あとは習慣で、すぐにもとの自分に戻ったり。

アップダウンを繰り返しながら、少しずつ前に進んでいるのですね。


ほおずき市の参拝も無事に終えましたので、次回は秋。
いよいよ白山比咩神社参拝を計画しております。

楽しみ~\(^o^)/

| 見えない世界 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

エネルギーで捉える


人はどうにも、自分が知覚できる範囲で、ものごとを認識します。

しかし、見えないレベルで、どのような現象が起きているのかを推考していくと

「ひょっとしたらこうじゃないかな~」

というものがいろいろと想像できておもしろいです。

特に最近は、知覚範囲のレンジが広い方々とお会いすることも多いので、

それぞれの方が認知しているものを、じっくりと聞かせていただける機会があり、

とても楽しいです(^^)


その中で、エネルギーというシンプルな単語に置き換えて聞いてみたり、考えてみたりします。

バイブレーションです。あとは量子の世界からも観ていく。これも魅力的です。


認識して、初めて我々の世界に入ってくるわけですが、いわゆる神々でさえもそうなのかと・・・

よく、人心が離れている神社は、お力がなくなっていく、ということを聞きますが、

神様も、人の想いによって現象化されていくのかもしれません。
※ちなみに、この神様という単語も、ひとつのエネルギー形態です。

人の心が向かえば、向かう程、お力を発揮しやすくなるということです。

そして、信じる人にこそ、現象化していく。

「現れたから信じる、ではなく、信じるから現れる」

なのです。


今の日本の在り様も、ひとつのエネルギーの使い方の総和と見ると、

物質的なことへのエネルギーはだいぶ注いできましたが、

精神的(心)のエネルギーは退化しているかもしれません。

その「現れ」が、今の状況。そして世界のひな型となる、その日本がそうであれば、

世界もその様相を映している。

だから、「陽極まれば陰となる」、「陰極まれば陽となる」という振り子の原理により、

物から心へと時代がシフトし始めているのでしょう。


引き寄せと言われる言葉が巷でよく使われることがありますが、

あれは磁石と一緒。

引き寄せを結果から見ていくと、今の自分のある姿がまさにそれ。

自分の姿を見ると、引き寄せているものがわかるということです。


その姿が好きであれば、さらに良くする方向にエネルギーを注ぎ、

嫌いであれば、そのエネルギーの使い方を変えればいい。


言うは易しですが、シンプルに捉えると、そういうことかと・・・


磁石の同じ極同士は反発しあいますが、あれはつまり、自分が持っているものを

相手に見つけた時、そのエネルギー現象が起きていると考えます。
(※同じ趣味、とかそういうレベルのお話ではありませんので誤解なきように)

そして、自分になく魅力あるエネルギー、その時は惹かれ(引かれ)ます。


人の趣味嗜好の問題も、今の自分というエネルギーがどのエネルギーを欲しているか。

それを自然と周囲に現象化させています。


だから、自分のエネルギーがどんどん増幅していくと、調和のエネルギーとなり、

執着がなくなっていくのかもしれません。


などと、いろいろなことを想像しますが、これも創造のエネルギー


エネルギーでいろんなものを捉えていくと面白いです(^^)/


| 見えない世界 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

布袋様と弥勒菩薩


今日は会社の近くで中華ランチをしました。

私のFacebookでアップした坦々麺の画像を見て、

一緒に食べたいと手を挙げてくださったお二人と一緒です!


お二人とも鳳成さんの講座にも来て下さったのですが、

今日はそのうちのKさんから、とても興味深いお話を聞くことができました。


実は私に関して、布袋様のお姿が見えたそうです。

布袋様って、あの七福神の布袋様?

ということで、Wikipediaで調べてみました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%83%E8%A2%8B


なんか・・・この腹の出具合がまるで私のような・・・(^_^;)


これを読んでいると、どうやら布袋様は弥勒菩薩の次元を変えた化身みたい!

しかも、Kさん曰く、その先は如来に通じているそうで・・・
(これはある意味もちろんそうですよね)


Wikipediaを読み進めていて、黄檗宗大本山萬福寺に、

かつてご縁があったことを思い出しました。


ここは、チャリティー絵画展があった際に訪れているのですが、

天王殿と呼ばれる場所には、四天王を含め、金色の像があり、

私はしばし時間を忘れ、その像に圧倒され、見つめていたのを記憶しています。


実は、この像が「布袋形の金色の弥勒仏像」だそうです。

その当時はそのような知識はぜんぜん知らずに見ていましたが・・・


すべてがつながってきました。


なぜ、自分が心相科学に関心を持ったのか、正木さんが私に伝えてくれたこと、

会社のロゴ、などなど。


落ち着いた語り口で書いておりますが、実はかなり興奮しております!!

こういう瞬間はたまらないですね。


これからがますます楽しみになってきました。

忘れないうちに記録しておきたかったので、ここに記しておきます。


| 見えない世界 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイヤモンドと魂

今日、会社帰りの電車の中で、ふと思ったことがありました。

ダイヤモンドと、魂を関連づけるイメージがわいたのです。


「あれ?ダイヤモンドと魂って似てるかも?」

という感じです。自然界が人間界の相似となっている、またひとつの例なのかな・・・と。


ダイヤモンドは、4つのCで有名ですね(カット、カラー、クラリティ、カラット)。

カット → 形
カラー → 色味(光を当てると、色の化身となる) 
クラリティ → 透明度(I3から最高のフローレスまで)
カラット → 重量

これを魂さんで当てはめると

カット → 多面的な人の輝き、ひとり一人が世界の構成要素の部分
カラー → どの色のグループソウルからやってきたか。
クラリティ → ここでは、インクルージョン(含有鉱物)を仮に「黒いもの」と定義
カラット → 魂の質


などと、ぼよよ~んと想像しているうちに、さらにイメージが広がりました。

皆、フローレスになるために、高みを目指していくのかな?

VSクラス以上になってくると、インクルージョンの肉眼判別は難しいようですが、

実際の人間でも、そうかもしれません。それ以上の領域に行く人というのは、

皆さんそれぞれが持つルーペの機能によって、その存在に気づけるかどうか、

大きく左右されていくような気がします。


ちなみにダイヤって炭素なわけですから、もともとは真っ黒。面白いですね


しかも、原子番号は6の元素。6は安定の数字です。ますます面白い

6は自然界の事象として、完全に表現されます。


黒い姿から、透明の光に変化するわけですから、これはまさしく私たちと一緒だな、

と感じるわけです。

人生のスポットが当たる、人は輝く。輝く人が増えていけば、もっと全体的な美しさへと統合。


おお、これってすごい!!


同じようなことを話している人がいるかもしれませんね。

私にはわかりませんが、ふと書きたくなったので、今回のネタにしました。

探求すれば、もっといろいろ気づくことがあるかもしれません。


あ、ダイヤモンドの語源を見ると、「征服されない」、「金剛不壊」、だそうです。

つまり皆さんの魂は・・・そういうことなのではないでしょうか?



他人の宇宙で生きる必要はないのです。自分軸を取り戻しましょう!!




| 見えない世界 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。