FC2ブログ

地球の歩き方

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HIROさんと上戸彩さんが入籍

昨日14日は心相科学の2回目勉強会でした。
皆さん世界観の広さにとても感動してくださり、
とても嬉しかったです。

宮城先生の本は初見の方には難しいのですが、
この勉強会を経てから読んでいただくと、
より理解が深まります。

ちょうど相性を深く勉強したところでしたので、
タイトルのニュースは良い事例になると思いました。

ご入籍おめでとうございます!

HIROさん
1969年6月1日 心相数775
上戸彩さん
1985年9月14日 心相数551



心相科学では、並び数字の人は並び数字の人と一緒になる
パターンがよく現れたり、また、子どもが並び数字で
生まれたりするなどの不思議なこともあります。


(以下、学んだ人向け内容)

まずお二人は二分の一数の関係ですね。
そして、心相数の中に369数字が入らない特徴があります。
さらに、基本数が663と336で足して999の関係。
とにかく相性が良いです。

芸能人のカップルでは、この基本数が一緒でペアになるパターンを
よく見かけることができます。
皆さんとても良い関係が続いている印象があります。

入籍のタイミングも、「まさにこのとき!!」
としか言えないようなお二人にとってのベストなタイミング。

どうぞ末長くお幸せに(^^)

タイミングについては、3回目の勉強会で学びますが、
きっと驚いていただけると思います。

会社のマネジメントや、子育てにもむちゃくちゃ使える
心相科学理論ですが、あらためて人のご縁の不思議さに、
感動をおぼえます。

やっぱり多くの方に知っていただきたいですね。
勉強会をまた企画したいと思います。

スポンサーサイト

| 心相科学 | 09:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりすごい

明日の心相科学理論勉強会(第二回目)の資料準備をしています。

プロ用のテキストを読み返しながら、バージョンアップを図っていますが、

あらためてこの学問の深さにうなっています。


エネルギーの4つの力。

元をただせば、すべてエネルギーの大元(素)は太陽に行きつくこと。

社会的動物である人間が、なぜ他の動物と根本的に違うのか。

自然に四季があるように、人にもリズムの段階があること。


・・・読めば読むほど、3年前にプロ資格をとった自分ですが、

当時に把握していたものが、いかに浅かったかがわかります。

自分の器が小さいと、当然ながら、入る智慧の量も限られます。


さすがに今の自分は、3年前の自分と比べるとかなり進化しました。

この恩恵はもちろん鳳成さんから多くの真理を学んだことが大きいのですが、

だからこそ、心相科学理論が伝えるメッセージの重要性にも

より気がつくことができるようになってきました。


これは・・・鑑定する人の力量がかなり問われますね・・・


基本を外さなければ、間違ったアドバイスをすることはないでしょうが、

やはり深いです・・・

もっと深く学ぼうと、あらためて思いました。


鳳成さん、宮城先生、それぞれの教えを学ぶことのメリットは大きいです。

根底には共通するものがあります。そして、それがどちらも大事ながらも、

アプローチが違うため、ぜんぜん別の姿になっている感じです。


【人を覚醒に導く、見えない世界からのダイレクトなメッセージ】

【見えない世界を、誰もがわかるかたちへ変換したメッセージ】


どちらも大事なのです。

そして、どちらも受け取る側にその素地がなければいけません。

それが、「求める分量」と「素直」です。


私の場合は、

「本当のことが知りたい」

というたった一つの想いがその源泉となっています。


| 心相科学 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道日本ハムファイターズの奇跡!!

今何気なくテレビを見ていたら、ドラフトで日本ハムファイターズが交渉権を獲得した、
東海大の菅野智之投手のニュースを見ました。

ちょうどパソコンをいじっていたので、何気なく心相数を調べてみると・・・


菅野智之投手  1989年10月11日  心相数933


おぉ、安定期にいらっしゃる。ということは、今回の巨人ではなく、日ハムとの交渉という結果は、

彼にとって良かったんだな~ということがわかります。


その直後に山田GMもコメントしていたので、こちらも心相数を調べてみると・・・


山田正雄GM  1944年9月6日 心相数966


ここの時点で、勉強された方たちは皆ニヤっとしてしまいますね。

そう、999の運命の関係!


さらに、当然のことながら梨田監督も調べることに。


梨田昌孝監督  1953年8月4日  心相数933


なんと!!監督まで・・・運命。もちろん監督とGMの組み合わせも。


これ、基本数ではなく、表面数での結果です。81通りもある中からの奇跡

やっぱり心相科学は面白いな~!!


運命的形質がもたらす、摩訶不思議。


ますますもって、今後の成り行きが楽しみになりました。



| 心相科学 | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーブ・ジョブズさんに感謝

今日は先日購入した本のことを書こうと思ったのですが、ジョブズさんが旅立たれたことを知り、

今回の記事に変更することにしました。


その昔、アップルコンピュータの上位機種が、まだ100万円以上していた時代、

友達の家で初めてClassicを見て感動した記憶があります。


その優れたデザインと、インタフェースを使いこなす友人を見て、

「こりゃすごいものが現れたぞ!!」と興奮したことが懐かしいです。


ようやく50万円以内くらいで手に入るようになり、PC好きの父親が、

Centris660AVを買い、楽しそうにいじり倒していました。


当然ながら、私もこっそりいじくり倒させてもらったのですが、本当に楽しかったです。

社会人になってからはWindowsを主に使うようになりましたが、やはり仕事です。

ワクワクの時代はMacintoshとともにありました。


そんな楽しい時代にしてくれたジョブズさんには本当に感謝したいです。


ふと心相数を見たくなったので、調べてみたら、すごいですね!

本当に数字の強みを生ききった人だと思います。


スティーブ・ジョブズさん
1955年2月24日  心相数281  基本数336



我が道進む、独立心旺盛で感性のあるグループの生まれです。

グループ数から、プレゼンがうまいのも納得!


しかも、大将数字を持たれているため、自分のポジションを明確にし、

第一グループとして組織のトップに立たれました(ちなみにゲイツさんも第一です)。


3番目の数字を見ると、プライドと意地もあり、時代の先駆者として要素も伺えます。

これだけ早く亡くなられたのは残念ですが、やはり伝説となるタイミング・・・


アップルといえば、りんご。

やはり成功者は無意識に自分の色を選んでいるというのをあらためて実感。

これを偶然ととるか、必然ととるか・・・面白いですね!


最後に、熊坂仁美さんのブログの記事が素晴らしかったのでリンクさせていただきます。

http://kumasakahitomi.com/archives/862.html


熊坂さんが響いたメッセージ。

やっぱりそうですよね!ジョブズさん!!


青春をありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。


| 心相科学 | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

999の世界

今朝は夢というか、ぼんやりとしたイメージを感じたので、忘れないうちに記録。

本来ならば「夢の記録」カテゴリですが、心相科学の夢だったのでそちらのカテゴリに。


勉強会も2回が終わっており、その時点で999の世界もお話しました。


今朝のイメージは、クモの巣状に広がる、我々の繋がりでした。

シナプスのように広がるその無限のイメージは「巣」であり、まさに「素」です。

大素といわれる世界。


私たちは個性を持ってこの世界に生まれて来ますが、根幹となる部分では同じです。

数字にもその秘密が隠されています。


そこで感じることは、自由意志が認められると同時に、繋がり(関係性)を保つため、

どこかで"役割"を演じているのではないかということです。


心相科学の根本法理としてのキーワード

我々をつき動かすもの


です。


つき動かされる要素は心相数で表され、その先天的な要素となるキャラクターに、

後天的な環境が加わり、パーソナリティーになります。


ユングの心理学でも出てくる、いわゆるペルソナの仮面です。


この世界(物質・非物質ともに)は複雑に絡み合っていて、

理(法則)をもとにしなければ破たんするように感じます。


皆さんが物質界における死を迎え、類魂に還り、さらに最後に大素へと向かう時、

培ったパーソナリティーは最後にペルソナの仮面としてはずされるのではないか、と想像しています。

性別や善悪などの二元性、そして個を離れていくイメージです。


自分にとって多くの関わりを持った人たちが仮面をはずすその時、

役割を終えた、自分の分身として現れるのかもしれません。


これはつまり、自分(個)というものも幻想ではないか、ということです。

このあたりは、精神世界に関するいろんな本でも書かれていると思います。


今日はそんなことをぼんやりとイメージしながら目が覚めました。

普段は日常にもまれて、あまり考えていないことですが・・・



| 心相科学 | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。