FC2ブログ

地球の歩き方

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

来年はいよいよテイクオフ!!

siawasedo

今年も多くの方に支えられながら、鳳成さんの講座を続けることができました。

12月で30回目を迎え、ここまで2年半、休みなく続けてこられたこと、

本当にご参加いただいた皆さまからのご支援があってこそです。

あらためて感謝申し上げます!


最初は家族やごくわずかな友人・知人、16人からスタートしましたが、ほとんど口コミにより、

今では300名近い方にご参加いただき、学びの輪はどんどん拡がっています。


特に、今年は男性限定講座「ビジネス道場」をスタートしましたが、第二期まで終了し、

ここまでとても素晴らしい結果が出ています。

すぐに売上へと直結される方、本当の幸せに向かい始めた方、

仕事の規模に関係なく、皆にとってそれぞれの成果が出ています。


いろんな成功者の本を読んだり、講演などを聞くこともいいのですが、

それよりも、いかに自分を深く掘り下げていくことが大切か(しかも確実に正しい方向で)、

実感していただける講座になりました。

結局これが幸せへの最短距離になります。


来年は、ビジネス道場三期とともに、女性限定講座「幸せ道」も1月よりスタートしますが、

こちらも素晴らしい内容になりそうなので、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。

それぞれが、半年間で、たった8名だけが受けられる講座です。すごいですよ!


ここまでは・・・

飛行機で例えれば、最初の年はエンジンもかからない状態。

翌年はようやく滑走路前にポジショニングできたこと。

そしてこの半年間は、ようやく助走を始めたような気分です。

まだまだ加速をさせて、来年末までには大きくテイクオフするつもりです。


私の飛行機に乗って下さる方とともに、楽しい旅を一緒に味わっていただきたい!

それが今の正直な気持ちです。


来年もどうぞよろしくお願いいたします!

m(__)m


スポンサーサイト

| 鳳成さん | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

異人は偉人

今月も鳳成さんの講座が終わり、そのままクリスマスに突入しました。

年末に向けて疲労があったのか、夜は娘を寝かしつけると同時に、自分も寝てしまいました。

しかも娘より早く寝ていたらしい


あまりにも早く寝てしまい、夜中の3時に起きて、こうしてブログを書いています。


今月は、最後のお伺いをされた方と一緒に夕方までいろいろとお話をしたのですが、

この方はいろいろと波動が取れる方で(というか視える方)、興味深い話をたくさん教えてくれました。


そのさなかで、その方が見せてくれたもの、

「異人は偉人」

鳳成さんが一枚の紙に書いたその文字を見て、この方の可能性を見させてもらいました。


つまり、人の目を怖れて、周りに合わせようとする自分でいなさるな、人の宇宙で生きると凡人。

「我のまま」でありなさい、ということを伝えられたようです。



そこで思いだしたのが、昨日NHKスペシャルでやっていたスティーブ・ジョブズの追悼番組で

放映された有名な言葉、

Stay hungry,stay foolish.

です。


我のままで生きようとすると、必ずそのことへの反作用が起きます。

自分をもとの状態に引き戻そうとする現象が、周囲で起き始めるのです。


私でいえば、この鳳成さんの活動を始めたときにあった、

「なんか江夏がへんなことを始めたぞ」

という感じの周りの反応です。


もし私が、この現象に対して縮こまる反応をし、「やっぱ周りがヘンな噂を立てるからやめとこ!」

などと、行動をやめたとすれば、当然もとの自分に戻っていたでしょう。

人に合わせて、常に苦しくなっている自分です。


しかし、私はそこで黒い感情をつけず、「そんなの関係ない!」という気持ちでいたため、

(※実際にはそんなことに構っている余裕はなかった、が正解ですが・・・)

その熱い?気持ちが、地道ながらもここまでの展開までにすることができたのです。


自分が魂から、本当に自分の望むことをしていれば、周囲が何を言おうが関係ありません。

自分の信念を貫き通すことができるのです。

もし、それが間違っていたことであれば、地球が勝手にあなたの活動を止めるようにしてくれます。

長続きしないようになっているのです。


皆さんにもそれぞれのお役目(自分が魂から望むこと)があります。

お役目を果たす時には、自然と上記のような気持ちになるはずです。


お役目が何かわからなかったり、何か漠然ともやもやしたものがあれば、

きちんと見つける方法があります。


だから、怖れずに前へ進みましょう。

| 鳳成さん | 04:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ランチ&茶話会


今日は、いつも鳳成さんの講座にご参加いただいているNさんよりご招待を受け、

ランチ&茶話会を堪能して参りました。同じく常連のKさんとTさんもご一緒です。


Nさんが一番最初に講座にご参加いただいた時、実は、ひょっとしたらこの方は、

もう二度と来て下さらないかもしれないな~、と思った方でした。


ダッテカナリカイギテキダッタモノ・・・


ところが、講座が終わってから、鳳成さんが「Nさんはええよ」ということをおっしゃる。

何がどうええのかはわかりませんでしたが、少なくとも、その時は、

講座でお聞きになられていたご様子から、「そうなのかな~・・・?」という感じでした。

しかし、そこでまた鳳成さんより、

「江夏くん、人を見かけで判断したらあかんで」

とお言葉をいただきました。

まるで考えを見透かされているようで、ちょっと自分を恥ずかしく思ったものです。


そして後日、Nさんから私ともっと話しをしたいとご連絡をいただきました。

赤坂でランチをしながら、それはそれは、たくさんのご質問をいただきました。


そのひとつずつにじっくりとお答えしていくと、最後には何かを得心していただいたのか、

それからは、何度も学びに来ていただくことに。このことはとても嬉しかったです。


鳳成さんのもとで、毎月の講座やお伺いを通して、いろいろな学びと経験を深めていき、

ただいま幸せの真っただ中にいらっしゃるそうです。

ご本人から、今の状況を直接お聞きすると、私もとても幸せな気持ちになれます。


そのような中で、Nさんが今日、皆さんに話していただいたお話はとても素晴らしく、

「Nさん、すごいな~!!」と大いに感動しました。ご自身も新たな気づきがあったようです。


ここのところ、波動の高い方が、さらに周りに増えてきたように感じます。

これから、そういう人たちが益々増えていくことを想像すると、今からとても楽しみです。


| 日記 | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経験できないこと


※すみません、今回は私の備忘録みたいなものなので、意味不明かもしれません。


今日は、私がいつもお世話になっているTさんのご自宅に伺いました。

出会っていなければ、今の私はなかった、大変お世話になっているご夫婦です。


もともとは絵画コレクターとして、会社とクライアントというお付き合いでしたが、

鳳成さんを東京にお招きしはじめた際、思い切ってお誘いしたところ、

ご夫婦で一番最初の頃より来ていただいております。

お二人とも、とても尊敬できる方なので、私はあらゆる面で、

今でもたくさんのアドバイスを頂いています。


今日もいろいろとアドバイスをいただいたのですが、

最後に・・・ということで、ひとつ衝撃のご報告をいただきました!


奥様が、先日娘さんのお宮参りの際に、その神社の宮司さんから、

お子さんのことで、いろいろとお話を聞かせていただく機会があったようです。

そこで宮司さんの本質的なお役目がわかったそうで、その際に奥様は、

「江夏さんのお役目にそっくり!」

と思われたようです。


どうやら、私のお役目が、その宮司さんがおっしゃることとかなりかぶる内容だったそうです。


その詳細を聞いた私は、自分の渇望している経験が、

どうして達成できないのか、ようやくわかりました。



お役目として、

「その必要がない」

ということみたいです。


これは、先日S社長のお知り合いの方からも言われたことでした。

う~ん、やっぱりそうなのか・・・


自分でも薄々そうではないかと思っていましたが、

あらためて確認をさせていただきました。

家内にも、これだけ願っているのにかわいそう、と同情されるくらい、

昔からいろいろと探求していたのです。


ある意味、その経験をする時が、私がお役目を終える時なのかもしれないと、

教えていただいたことで、

「じゃあまだいいや!」

という気持ちになれました。



| 日記 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怒りの夢

怒り。

今日は皆既月食があった日。

天は漆黒の闇の中で、月を赤く染めだす(・・・という想像)。

まるで人々の「怒り」を吸い上げるかのように。




今年、何度か同じ人物の夢を見ました。

私は全然わだかまりがないつもりでしたが、何度もこの人物とやり合うのです。

きっとエレメンタル(キプロスの賢者、ダスカロスの言葉で、人が心に抱く

想念、願望、欲望、感情、思考のエネルギー)が、私にまとわりついており、

それを夢で祓っているのではないかと想像しました。


怒りで目が覚めたのですが、娘もその直後にむくっと起き出し、

しばらく家内のそばで、いろいろなことをわめくのです。

止まることがないので、家内が胸に抱きかかえながらなだめ、

ようやく落ち着いて眠りについたのでした。


さて、本題に戻り、今日も夢を記録しておきます。


1.夢の内容

部屋の中で、ある人物と会話をしています。

その人は、いつものように細かい愚痴をそれとなく言い始める。

最初は耐えて聞いていた私も、ある段階まできてプツリといき、

「ふざけるなよ!?」

と、溜まっていた感情を一気に吐き出して(内容は忘却の彼方)、

そのまま目覚めました。

前回のように叫びながら起きなかっただけ、まだまし。


2.それに対する自己分析

つい先日も、知り合いに「もうわだかまりはない」と言ったけれど、

魂なのか、潜在意識は、どうやらそうではないよう。

うん、事あるごとに思いだしています。それが表層意識に浮上。


でも、案外、その人物がどうこう、というよりも、

日々の自分が溜めこんでいる、怒りのエネルギーが、

たまたまその人物のかたちを取って現れるのかもしれません。

Tさんに言われた、「溜めこんじゃダメですよ~」を思い出す。

表面は何事もなさそうでも、内側はそうでもないのね・・・


3.今の自分の心境

まだ昇華されていないんだな~と再認識。

でも、自分が今よりさらに進化することによって、

この問題は自然に消滅することになるので、

しばらく放っておくことにします。



人の意識がこの世界を形作っているとすれば、

こうした感情は、あることを認め、その反エネルギーで統合させれば、

バランスを取り戻すのでしょうか・・・


今日は、娘を楽しい夢の世界に連れて行こう。


| 夢の記録 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文は一行目から書かなくていい

文は一行目から書かなくていい - 検索、コピペ時代の文章術文は一行目から書かなくていい - 検索、コピペ時代の文章術
(2011/05/27)
藤原 智美

商品詳細を見る



数ヶ月前に、ある社長さんがネットでこの本をおすすめしていましたが、

作家さんによる文章術の話だったので、とても興味があって購入しました。


結論からいえば、読んで本当に良かった本です。

自分が思っていたことの確認と、新しい視点をたくさん学ぶことができました。

読む人の側に立った、名文のコツが、たくさん書かれています。


私も結構意識しているところがあり、著者が指摘するポイントは大いに納得できました。

特に接続詞の使い方に関するところは、最近私がうすうす感じていたところで、

「やっぱりそうなんだ~!!」

と、ちょっと嬉しい気持ちになりました。


間違った日本語、というか、ちょっと変な日本語は結構使っているんですよね。

でも、意外とみなさん、そのポイントに気づかないまま読み過ごす。


文章だけではなく、講演などでもそうです。あとから聞き返すと、矛盾するような

内容であっても、誰も疑問に思うことなく (本当はしているかもしれないけど・・・)、

そのまま進行していくこともよくあります。


頭の良い方々は、そういうところをきちんと突いてくる。

言葉に対して襟を正す、といいますか、やはり大事にしたいです。


自分の文章は、まだまだ決して満足のいくものではないのですが、

この本を読んだおかげで、実践しながら、少しずつレベルアップできそう!


何かを表現する人、視点の持ち方に興味のある方、この本はいいですよ。

私もきちんと「ハコ落とし」をしていかないとな・・・長ったらしいので。

名文は、たとえ短くても、心をわしづかみにするパワーを持っています。


感動を呼び起こす文を、心地良いリズムで書ける方には憧れます。


最後に、この本で一番心に残った一文を・・・

『「伝わる」文章を書くことの秘訣を一つにまとめるとすると、

それは日々の心の動きをないがしろにせず、自分の内面に目をとめて、

それを言葉として残していくこと以外にないのです。』


その通り!だと思います。


| 書籍と映画 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暁玲華さんにお会いしてきました

今日は、以前から著書を読ませていただき、気になっていた方、

古神道研究家でスピリチュアリストの暁玲華(あかつきれいか)さんにお会いしてきました。


↓WEBサイトはこちらです
http://www.akatsukireika.net/


魂さんのことを深く学びたい方は、以下の著書は必読です。

女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)
(2008/06)
暁 玲華

商品詳細を見る



お会いするきっかけはfacebookだったのですが、鑑定に関することが書かれていた時に、

我が魂さんが、「ぜひお願いしたい!」という感じだったので、すぐに申し込みました。

以前に、朝日カルチャーで暁さんの「毎日できるおはらいの作法」の講義を

受けさせていただき、とても良い講座だったので、一度お話してみたかったのです。



結論からいえば、とても素晴らしい時間となりました。

とても大切なヒントをたくさんいただけたので、その記録を少しだけ残しておきます。


自分の絶対三神のことを教えていただき、どのようなことで力をもたらして

くださっているのか、自分の強みからよくわかってきます。ブレていません。


そして、いろいろと持参したものも見ていただき、貴重なアドバイスをいただきました。


特に、アートのお話ではかなり盛り上がりました。

暁さんは、美術にも造詣が深いということは著書を読んだ時に感じていました。


あ・・・今思いだしましたが、暁さんが学ばれた若桑みどりさんの著書

イメージを読む (ちくま学芸文庫)イメージを読む (ちくま学芸文庫)
(2005/04)
若桑 みどり

商品詳細を見る



はものすごくエキサイティングな本なので、アートに興味のある方には本当におすすめです。

内容はものすごく深く、私は赤線と青線を引きまくった本です。


そのアートのお話では、本当に嬉しくなるアドバイスをたくさんいただき、

今後の大きな指針が見つかりました。「竹」、「滝」は忘れちゃいけないキーワード。


何よりもアートを通じ、「人と自然との調和、共生」を日本人として、

あらためて発信していくことは、ひとつの自分の使命でもあると感じました。

地震、原発事故が起き、そのメッセージを人類は受け取ったはずです。


しかし、人は喉もと過ぎるとなんとやらで、忘却の彼方となりやすい生き物でもあります。

もちろん、それは良き面もありますが、この件に関しては忘れてはいけません。


そのことを伝えてくださったご先祖神には感謝したいです。

こう書いている瞬間にも魂は喜ぶので面白いですね。


暁さんは、またぜひお会いしてみたい方でした。嬉しいご縁ですね。


15日にお会いする方が、きっとこのお話を楽しみにしているでしょうから、

おみやげ話にしようと思います


| 見えない世界 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基礎講座に再受講があるわけ


今日は、麻布割烹和門さんにて、鳳成さんのビジネス道場一期のM社長、
二期のS社長、そして、S社長がお連れ下さったAさんとランチをしました。

相変わらず、むちゃくちゃ美味しい和門さんの魚料理に舌鼓を打ちつつ、
話題は多岐にわたり、どれも本当に楽しく、笑いっぱなしのランチタイムでした


ひとつ印象的だった内容があったため、今日のブログテーマとさせていただくことにしました。

それはS社長が言ったひとこと。S社長には、画廊の方で絵画も購入していただきました。
内容が微妙に違うかと思いますが、ニュアンスをお伝えしたく書いてみます。

「いやー、絵は時間によって見え方が変わってくるんですね。
僕の買った絵画ですけど、買った当初は、船出したてで荒波にもまれて、
あてどもなく漂っているイメージだったんですよ。
でも、最近は地平線の先に光が見えるんですけど、
いよいよ目的地に向けて進み始めているように見えるんです」

ということをおっしゃったのです。

そこで私がすぐに感じたことは、絵だけではなく、人間が五感(以上も?)で受け取るもの、
すべてはその人のステージに応じて、受け取り方が変わってくる、ということです。

つまり、経験値に応じて、心が変わるということです。

状態によって変化しやすい(揺れやすい)心は、自分を知るうえでのバロメータです。

S社長もご自身のビジネスでそのことを語られていました。

そこで私が、話の流れの中から、

「そうですよね~!実は、私が鳳成さんの真理の話を何度も聞いてほしいと
皆さんに言っているのは、いまS社長が絵で例えてくれたことと一緒なんですよ。
自分の経験値が増えてくると、気づきが増えてくるんです。」

ということを言えば、

M社長も
「真理の話は何度聞いても、聞こえ方が毎回変わってくるんだよね!
あれは面白い!3回目あたりから、がぜん面白くなってくるもの。次に何を言うか、
わかってるんだけど、やっぱり面白い!」

と同感して下さいました。

もし、二回目以降を聞いていただき、「前と変わらないな~」という感想だけであるのならば、
ご自身の経験値や心が変わっていない証拠かもしれません。

真理の話は、ご自身の成長の度合いに応じて、内容に素晴らしい仕掛けがあるからなのです。

今の自分に足りないものは、特に、ボーン!と飛び込んできます。


S社長、いいヒントをありがとうございました!!

| 鳳成さん | 02:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カウンセリングを受けてきました


以前の記事で、正木りさ先生(先生と生徒なので)のカウンセリングのこと
http://focus369.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
を書きましたが、ようやく11月に受けて参りました。


この日はなぜか道が異常に混んでいて、カウンセリング開始時刻に15分ほど遅れてしまいました。

まあ、今までの御礼と手土産の赤霧島を渡すことが目的でもあったので、
まずは目的が果たせてほっとしました。

でも、もちろんカウンセリングを申し込んだわけなので、さっそく視ていただきました。

最初に霊団の皆さまからメッセージをいただくことも懐かしく思い返しました。

今回いただいたのは、

「己の心(しん)、神(しん)、真(しん)、芯(しん)を貫き通すには、様々な存在とぶつかること多し。
去年、一昨年と、無理に広げすぎた分、今、精査し、整えること」

ということでした。

よ~くわかります。よ~く・・・
まさに自分も感じていることで、アクションにも移そうとしていたところでした。


これからは、よりご縁をいただいた方との関係を大事にしていきたいです。

それにしても、この、様々な存在とぶつかること多し、というのが、さらに私が磨かれる要因のようで、
だからこそ、喜んで受け入れようと思います。いったいどんなことだろう・・・

さらに、今度はヴィジョンを伝えていただきました。

しばらく沈黙のあと、正木さんが口を開きます・・・

「江夏さん、とてもめずらしいものを見させていただきました。たくさんの仏様が出てくるのです。
観音様や、阿修羅のような・・・とても多くの仏様です。その仏様を通じて、さらに高き・・・
大素の神へと繋がるイメージをいただきました。」

これまでの経緯を正木さんにお伝えしたところ、とても驚き納得していただきました。

「あ~、だからなのですね!」という感じです。

自分では、これについても、ブレていない、すごく嬉しいメッセージだと感じられました。


その後もいろいろとお話をし、短い時間でしたが、しばしの再会を堪能し、帰路につきました。


思えば、最近、私自身は鳳成さんのお伺いを受けていません・・・

先ずは皆さまが優先なので、これから自分が受ける機会がさらになくなっていくのかと思うと、
ちょっとさびしい気持ちもありますが・・・仕方ないですね。

でも、ますます多くの方に輝いていただくために、これからも邁進していきますよ~!


| 見えない世界 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。